2018年5月23日 (水)

5月18日例会報告

TOSS空知の大沼です。
 
昨日例会をしましたので報告します。
 
1 日時 5月18日(金) 19:00~21:00
 
2 場所 岩見沢市 いわなび 2階会議室
 
3 参加者 廣川 吉岡 成瀬 伊藤 一般参加者1名 大沼 
 
4 内容
  ①子ども夢基金の夏の理科実験セミナーと絵画教室の企画
 
  ②近況報告と学級のトラブル対処について 大沼
 
  ③特別支援セミナーからの学び 廣川
 
  ④「ふきのとう」6年生の絵画実践報告 廣川
 
  ⑤道徳模擬授業 大沼
 
  ⑥教材指定 道徳の模擬授業演習 全員
 
次回例会は6月1日です。

2018年4月22日 (日)

教師力向上教え方セミナーIN空知 2018 成功裏に終了

Img_0043 TOSS空知の大沼靖治です。
本日北海道 空知地区 
最後のの教え方セミナーを岩見沢市で開催しました。
来年もセミナーの開催を切望しています!という感想をいただきました。
以下報告します。
①テーマ・会場名
  テーマ 
  「まったなし!道徳・英語の授業のポイント、残業をなくす仕事術、学級で発生する問題を予防するための教師の学び 」
  会場
  4月21日(土)岩見沢市生涯学習センターいわなび
②講座内容
  13:20~ 第1講座 特別な教科 道徳 指導のポイントはこれだ 
  13:55~ 第2講座 英語授業の基礎基本
  14:30~ 第3講座 英会話最先端セミナーから
  15:05~ 第4講座 残業をなくす仕事術の工夫
  15:40~ 第5講座 学級で発生する問題を予防するための教師の学び
  16:10~16:20 Q&A
③参加人数
     1)参加者 9名
     2)事務局 6名
     3)合計  15名
④アンケートに書かれた内容
・今年四年生を担任していますが、外国語活動を指導するのが久しぶりなので大変参考になりました。繰り返しにリズムをつけて言い回しをテンポよく言えるよう授業づくりを考えていきたいです。残業については・・・できることから早速月曜日からやっていきます!!
・特に英語セミナーを模擬的に行っていただいた授業では、ムダな言葉が一切なく、ここまで削れるのかと驚きました。
残業してしまう部分があります。すぐやる。短期記憶がたまり授業で頭が働かなくいも少々ありました。すぐやる。頭をクリアにするも大事ですね。
・ありがとうございました。おつかれさまでした。
・サークルのオリジナリティが増してきたなと感じました。
・特別支援担当でなかなか英語や道徳の授業ができませんが、大変参考になりました。予防支援、大変わかりやすかったです。どなる指導しかできない人もいるので学校統一してスキルを身につけさせるという考え方に賛成です。
・楽しい話も聞きながら学ぶことができて勉強になりました。ありがとうございました。
・道徳の教材紹介と取扱いのノウハウ提示がためになりました。多様なパターンを会得し使いこなすことが大事だなと思いました。
・英語授業は苦手なので実技を通してとてもいいトレーニングになりました。反射神経の良さが求められると感じました。吉川先生には心よりお疲れ様、ありがとうございましたと伝えたいです。これで英語指導のバリェーションを増やすことができそうです。
・仕事術「今できることをその場でやる」ができていないと自省しました。理論に裏付けられた仕事術。勉強になりました。
・知らない情報が盛りだくさん「なるほど!納得」でした。「予防」の大切さとその手法が大きな収穫となりました。
・道徳の授業スタイルが画一的な指導法にさせられる可能性がある中でTOSS型を広めたいと思いました。吉岡先生、いつもさわやかで勉強になります。ありがとうございます。
・TOSS型英会話、本当に楽しいです。一人で授業できる力を身に着けたいと思いました。壁は高いですが楽しく真剣に勉強しなくてはならないと思いました。ありがとうございます。
・すごくためになりました。次回もよろしくお願いします。プリントももらえてありがたかったです。勉強します。
・とても具体的で納得することばかりでした。脳が大きく関係しているのですね。頑張ります。
・気になる子、気になる職員、すべてを抱え込んでしまっていました。負のエネルギーを多く使っていたことが分かりました。あいrがとうございます。巻き込んで指導できる力を身につけたいと思いました。
・来年もセミナーの開催を切望しています!よろしくお願いいたします。

2018年2月16日 (金)

2月16日 例会報告

TOSS空知大沼です。
例会を報告します。
日時 2月16日(金) 午後7時から9時
場所 岩見沢市 いわなび
参加者 廣川 伊藤 成瀬 大沼 見学の方1名
内容
1 教師力向上セミナー 大沼講座検討
  残業がなくなる仕事術
   ・失敗談を中心に構成しているがもっと参加者が食い入るような組み立てを
   ・本人の経験に基く実感が強い方が説得力がある
2 教師力向上セミナー 廣川先生講座検討
  運動が苦手な子も全員が向上する
  バレーボールの指導法
  2対2のステップから4対4まで動画と解説の貴重な情報がたくさん
  「バレーの最初の指導はどうするの?」に応える内容。
  さらにバスケットボールのパス練習。指導要領にもある人のいないところへの移動とパス
  を効果的に狙った指導法の紹介。
3 大沼の算数講座の組み立てを検討。
  5年生の数直線と面積図の指導法に指摘が集まる。
  廣川氏の介入。
4 廣川氏の2年前の教師力向上セミナーの算数莉メンバー講座
  見学の方のために特別に披露。
  大沼の講座への示唆にもなった。

2018年2月 6日 (火)

2月2日 例会報告

場所    いわなび  2階研修室

参加者 廣川 吉岡 成瀬 伊藤 大久保 大沼

内容
1 伊藤 図工研決算報告詳細
2 大沼 教師力向上セミナー チラシの校正 検討 修正
3 教師力向上セミナー検討   
  ①吉岡 1年間の定石指導 吉岡 講座内容の提案   
  ②吉岡 待ったなし 道徳指導 講座のプロットと 道徳の簡単な模擬授業と主張   
  ③廣川 体育 マット運動 前転から後転 開脚後転への指導のステップと様々な指導の工夫とその意義  苦手な子もできるバレーの指導の秘策 (これはすごいと思った!) 動画つきの解説 非常に面白い。   ④廣川 和久田セミナーの内容を活かした講座 特別支援の意義 リスクファクターと学校風土の改善など 最先端の内容を分かりやすく紹介   
  ⑤大沼 算数の講座と 仕事術の講座 検討

4 成瀬 教育記事の紹介と考察の紹介。

2018年1月21日 (日)

今年最初の例会をしました

TOSS空知の大沼です。
今日例会を行いましたので報告します。
●日時 2018年1月19日 19:00~21:00
 
●場所 岩見沢市 いわなび
 
●参加者 廣川 吉岡 伊藤 成瀬 大久保 大沼 お客様1名
 
●内容
1 春の教師力向上セミナーの内容相談と割り振り 内容確定次回例会まで内容を検討し
てくる。
 
2 サークルの発行物やコンテンツへの提案 大沼
  機関誌Souple 佐藤式CD DVDについて
 
3 スキー場での低学年指導の実際(廣川氏)の指導法の紹介 大沼
  廣川氏からの追加助言あり。
 
4 待ったなしの道徳の教科書指導。吉岡
模擬授業形式で発問の検討。指導の重点や道徳の大事なポイントを話し合う。多くの発問案や評価の仕方やサークル員各校の道徳の取り組みの交流
 
5 夏休み自由研究作品展の評価法。廣川
向山式。その後の発表スピーチ。ワークシートの活用をする。書き方の実際。聞いているときにやること。メモを見ないように鍛えていく。
 
6 版画の指導法 廣川
 版画の構図を写真を活用して時間短縮の方法。失敗が少なく効果的な構図をつくらせる方法を紹介。
 
7 向山洋一氏 雪の授業の再現と紹介 授業の組み立て 発問の巧みさを堪能
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大沼 靖治 おおぬま やすはる
ohnuma01@lapis.plala.or.jp
NPO法人空知子どもみらいサークル
TOSS空知 
TOSS酒井式札幌サークル
オールカラーで1000円 ソープルの購入はこちらから
佐藤式工作フラッシュコンテンツの購入もこちら
http://ohnuma01.wixsite.com/souple

2017年12月18日 (月)

例会報告(2017年12月15日、岩見沢)

TOSS空知例会報告

1,日時  2017年12月15日(金) 19:00~21:00

2,場所  岩見沢市生涯学習センター

3,参加者 大沼、成瀬、廣川、吉岡、黒澤

4,内容
(1)図工研打ち合わせ(成瀬)
   1月10日の図工実技研修会の打ち合わせ
   宿泊も含めて、確認する。

(2)子ども絵画教室打ち合わせ(大沼)
   12月23日の子ども絵画教室の打ち合わせ。
 
(3)講座内容検討(吉岡、大沼)
   絵画教室の講座「ブレーメンの音楽隊」についての検討。

(4) 還流報告(廣川)
   和久田セミナーの報告。講座内容を再現して廣川氏が
   TOSSデーの講座提案を含めて報告。
  「生存者バイアス」について解説。
 
(5)作品交流(廣川)
   鉛筆だけで描いた「友だちの顔」の作品交流。

(6)道徳授業(吉岡)
   画家・濱口瑛士さんの「黒板に描けなかった夢の紹介」

(7)理科の学習システムについて(大沼)
   大沼氏の理科専科時代の授業システムの紹介。
 

感想~生存者バイアスについて、先生方は学生時代、高い知能を持った人たちが
   ほとんどだから、学級集団の中で協会知能あたりの子に対して、
   自分の経験則で対応するのは大変であり、高知能の子達は、やがて低位の
   子達の流れに沿っていってしまう。よって低位の子達をいかに育てていく
   ことが重要かが理解できた。



  次回、1月19日(金)

2017年11月21日 (火)

例会報告(2017年9月15日、岩見沢)

TOSS空知例会報告
1,日時 2017年11月17日(金) 19:00~21:00
2,場所 岩見沢市生涯学習センター
3,参加者 大沼、成瀬、廣川、吉岡、杉島
 
4,内容
(1)国語 詩の実践報告2つ(廣川)  
・ 5年生に対する詩の実践報告と学級通信の紹介
 ・言葉からいかにイメージを広げさせるかの課題について突っ込んだ議論がされた。
 
(2)子どもに読解力をつけるための実践報告(廣川)
・「読解力をつけさせる新教材」の製作の原理と試作品の紹介
・プチ模擬授業のように実際に参加者が解いてみて交流した。
 
(3)5年生の道徳授業の報告(廣川)
・石坂氏の実践の追試報告。
・発問の素晴らしさに全員納得した。
 
(4)校内公開研の道徳の指導案紹介(吉岡)
・教科書をどう使うかの実践的な研究の必要性を説く。
 
(5)体育で全員跳び箱を飛ばせた報告(吉岡)
・学級のドラマの紹介。
・意外にある指導法の我流について議論された。
 
(6)外国語の時数の確保について(吉岡)
外国語の時数の扱い方について。 吉岡氏の勤務校の試案について論議。
 
(7) 公開研究会道徳授業の報告(大沼)
・3日前に実施した道徳の授業についての交流。
・指導案の紹介と、2年生で討論による授業を目ざした結果の動画を視聴して交流した。
 
(8)作品交流 (廣川)
酒井式シナリオ「白いクジラにのって」と、「こいのぼり」の作品交流。
・どうすると「失敗した」となげやりになる子を救っていくか!熱い議論。
 
次回、12月1日(金)

2017年10月23日 (月)

例会報告(2017年10月20日、岩見沢)

TOSS空知例会報告

1,日時  2017年10月20日(金) 19:00~21:00

2,場所  岩見沢市生涯学習センター

3,参加者 大沼、成瀬、廣川、伊藤、大久保

4,内容

(1)図工研チラシ袋詰め(全員で)

  
(2)セミナー報告(大沼)
   10月14日(土)、札幌で行われた和久田セミナーの報告

(3)子ども絵画教室について(大沼)
   チラシの内容の検討。
   12月23日(土)に実施予定。

(4) 読解力の指導について(廣川)
   「大造じいさんとガン」を例に、読解力をつけさせるための
   指導例を廣川氏が紹介。

(5)算数の授業 (廣川) 
  5年生「単位量あたりの大きさ」の指導から。 
  数直線と面積図の重要性を強調。

   

感想~和久田セミナーの報告。脳科学の見地から望ましい子どもとの
    関わり方や学級経営のあり方を聞く。
    学級の多数を占める中間層の子達をいかに巻き込むか?
    わかっているようで中々出来ないことを実感した。

次回、11月17日(金)

2017年10月10日 (火)

例会報告(2017年10月6日、岩見沢)

TOSS空知例会報告

1,日時  2017年10月6日(金) 19:00~21:00

2,場所  岩見沢市生涯学習センター

3,参加者 大沼、成瀬、吉岡、廣川、伊藤

4,内容
(1)次回酒井塾について(廣川)
   来年の酒井塾の会場選定について。
  
(2)校内研修について(吉岡)
   吉岡氏の研究授業について
   国語2年生「かさこじぞう」の指導案と
   研究通信の交流。

(3)子ども絵画教室について(大沼)
   冬の絵画教室について、日程の提案。
   12月23日(土)に実施予定。

(4) 作品交流(大沼)
   国語「いきものずかん」についての
   子どもの作品交流。

(5)図工作品交流(大沼) 
   酒井式シナリオ「白いクジラにのったよ」の作品交流。

   

感想~吉岡氏の研究通信について。音読スピードと学力テストの相関関係の話。
    読む力がついていれば、学力も伴ってくるだろうという話に納得。
    「白いクジラ・・」。2年生ながらしっかりした作品に仕上がっていた。

次回、10月20日(金)

2017年9月18日 (月)

例会報告(2017年9月15日、岩見沢)

TOSS空知例会報告

1,日時  2017年9月15日(金) 19:00~21:00

2,場所  岩見沢市生涯学習センター

3,参加者 大沼、成瀬、吉岡、廣川、伊藤、荒谷

4,内容
(1)原稿依頼について(廣川)
   学芸みらい社からの原稿依頼について、
   書式と内容について提案。

(2)ソープルについて(廣川)
   在庫の扱いについて、次週新潟で行われる
   特別講座に持っていくことを提案。

(3)図工研チラシについて(成瀬)
   チラシの修正箇所について確認。

(4)授業案検討(大沼)
  特別講座の授業検定案の検討。

(5)百玉そろばんの授業(大沼) 
   先週参加した「井上セミナー」での百玉そろばんの
   使い方を大沼氏が再現。
   数唱から九九、割り算、倍数、約数の表し方など
   多くの内容を見せてくれた。

(6) 作品交流(吉岡)
   物語「ちいさこべのふえ」の絵の交流。

(7)「こいのぼりの絵」(廣川)
   廣川氏が学級で実践した様子を交流。

   

(8)道徳の授業(荒谷)
   「感動」をテーマにした授業。
    時計と知床と今年の皆既日食を例に取り上げた授業を紹介。

次回、10月6日(金)


«例会報告(2017年9月1日、岩見沢)

無料ブログはココログ